福岡(天神)の内科「村山内科・胃腸科」のブログ・お知らせ

福岡市中央区天神の内科 - 村山内科・胃腸科

天神西通りにて68年、皆様の健康と共に

天神駅から徒歩5分

福岡市中央区天神2-4-20 天神プラッサ2階

村山内科・胃腸科

村山便り

当院には福岡市在住の岩室順子(いわむろじゅんこ)さんが作ってくださったお人形が飾られています。松尾和則さん、セツ子さんご夫妻が毎月わざわざ当院にとどけてくださっています。いつもありがとうございます!!

秋の行楽の季節となりました。コスモス畑や紅葉、味覚狩りなど楽しい計画されてますか?
今月のお人形は、子供とりすの触れ合いの場ですね。りす達も美味しそうにどんぐりを食べています。見ているだけで癒されます。


どんぐりといえば、どんぐりころころ。
お山が恋しく泣いてどじょうを困らせるという悲しい結末で終わる歌詞ですが、希望ある結末にするため、別の作詞家によって幻の3番の歌詞が作られているのはご存知ですか?こりすが飛んできて落ち葉にくるんでおんぶしてお山に連れて帰るという、愛情たっぷりの歌詞です。しかし、一説によると「あえて3番をつくらなかった」とも言われています。その理由は「子どもたちに自分でつくってほしいという希望があったから」なのだそうです。このお人形の子供達からも発想豊かな歌詞が生まれそうですね。

 

11月の糖尿病専門外来は

5日(火)、12日(火)、19日(火)、26日(火)の午前中となります。

ご予約は不要ですので、午前9:00 午前12:00にご来院ください。

なお上記時間帯は当院院長は不在となりますが、糖尿病以外の病気も診療いたしますので、

糖尿病以外でお身体に不安の有る方もご来院ください。

糖尿病外来について詳しくはこちら

当院には福岡市在住の岩室順子(いわむろじゅんこ)さんが作ってくださったお人形が飾られています。松尾和則さん、セツ子さんご夫妻が毎月わざわざ当院にとどけてくださっています。いつもありがとうございます!!

看護師の墨谷です。
秋冷が爽快に感じられる、いい季節を迎えました。スポーツの秋、芸術の秋、読書の秋、食欲の秋。皆さまはどのような令和元年の秋をお過ごしですか。
今月のお人形の少女達は、伝統芸能の日本舞踊を舞っています。艶やかな着物や優雅に舞う姿にうっとりしますね。友人に幼少期から日舞を習っている子がいて、彼女は姿勢が良く、所作が綺麗だったのを覚えています。舞台度胸もつき、大人の方への礼儀作法も身につくそうですよ。

私が子供の頃は、日舞や民舞を習っている友人が周りにいましたが、今は日本舞踊を知らない子の方が多いんだそうです。日本の長い歴史の中で人々に受け継がれた伝統文化を学ぶことは、自国への誇りと愛着が養われ、異文化を理解する姿勢を育むことにまで繋がるそうです。国際社会の現代、日本のこども達が自国の伝統文化を体験する機会が増えるといいですね。

今年もインフルエンザの予防接種を開始いたしました。

今年のワクチンもA型2種類、B型2種類に対応したものになります。
価格は税込み3,600円です。

10月の間はお電話(092-741-6550)にてご予約をお願いいたします。
どうぞよろしくお願いいたします。

10月の糖尿病専門外来は

1日(火)、8日(火)、15日(火)、22日(火)、29日(火)の午前中となります。

ご予約は不要ですので、午前9:00 午前12:00にご来院ください。

なお上記時間帯は当院院長は不在となりますが、糖尿病以外の病気も診療いたしますので、

糖尿病以外でお身体に不安の有る方もご来院ください。

糖尿病外来について詳しくはこちら

当院には福岡市在住の岩室順子(いわむろじゅんこ)さんが作ってくださったお人形が飾られています。松尾和則さん、セツ子さんご夫妻が毎月わざわざ当院にとどけてくださっています。いつもありがとうございます!!

院長です。
9月に入り過ごしやすい日が増えてきました。とはいえ、まだまだ暑い日もありますので、気温の変化には十分注意をして風邪などひかないように気をつけてください。
さて、今月のお人形は秋の収穫です。

秋は野菜、果物など美味しいものがたくさんですね。季節は秋といえまだ暑い日も多いのですが、この時期スーパーの品揃えの変化に季節を感じることが多いですね。ナスの種類が増えてきたり、木箱に入った松茸がならべられてあったり、鮮魚コーナーでサンマを見かけるようになったり。

今月のお人形さんたちはみんな着物を着てます。昭和30~40年代の頃の風景でしょうか。畑での収穫の後、あぜ道を歩いて帰っている家族のようです。たくさんとれた野菜を手に子どもたちはうれしそうです。そういえば今では赤ちゃんを背中に背負ったお母さんの姿も見かけなくなりましたね。とても懐かしい気持ちになるお人形さんたちです。

9月の糖尿病専門外来は

3日(火)、10日(火)、17日(火)、24日(火)の午前中となります。

ご予約は不要ですので、午前9:00 午前12:00にご来院ください。

なお上記時間帯は当院院長は不在となりますが、糖尿病以外の病気も診療いたしますので、

糖尿病以外でお身体に不安の有る方もご来院ください。

糖尿病外来について詳しくはこちら

当院には福岡市在住の岩室順子(いわむろじゅんこ)さんが作ってくださったお人形が飾られています。松尾和則さん、セツ子さんご夫妻が毎月わざわざ当院にとどけてくださっています。いつもありがとうございます!!

暦の上では秋となりましたが、まだまだ暑い8月下旬です。夏バテなどされてませんか?
事務の穂先です。

お人形さん達は暑さなんて何のその。お友だちと楽しく遊んでいます。
私が子供の頃は、土に足や枝で文字を書いたり、道路に石ころで線を引きケンケンパーしたりしていましたが今の子供たちはどんな場所で遊んでいるのでしょう。
先日TVで、基山モール商店街に保育園が入り商店街内の歩行者専用道路に絵を描いたりして遊んでいるところが放送されていました。大きなキャンパスに自由に絵が描けるって楽しそうですね。そんな場所がたくさんあったら良いですね。

8月の糖尿病専門外来は

6日(火)、20日(火)、27日(火)の午前中となります。

ご予約は不要ですので、午前9:00 午前12:00にご来院ください。

なお上記時間帯は当院院長は不在となりますが、糖尿病以外の病気も診療いたしますので、

糖尿病以外でお身体に不安の有る方もご来院ください。

糖尿病外来について詳しくはこちら

当院には福岡市在住の岩室順子(いわむろじゅんこ)さんが作ってくださったお人形が飾られています。松尾和則さん、セツ子さんご夫妻が毎月わざわざ当院にとどけてくださっています。いつもありがとうございます!!

山笠も終わると、夏本番です。
今月のお人形は可愛い蛙たちが仲良く並んでいます。蓮の葉の上は居心地がよさそうですね。蛙たちと一緒に夕立でも待ちましょう。

蛙は水(霊界の象徴)と陸(現実世界の象徴)二つの世界で生存できることから、「福神」や「守り神」とも言われ、蛙の夢は運命の岐路を象徴し、最高の吉夢とも考えられているそうです。この蛙たちをみて縁起の良い夢を見たいものです。ただし、不気味な蛙なら生活習慣の改善を!という警告の夢らしいので、ご注意ください。
さらに暑さも増してきますので、くれぐれもご自愛ください。

7月の糖尿病専門外来は

2日(火)、9日(火)、16日(火)、23日(火)、30日(火)の午前中となります。

ご予約は不要ですので、午前9:00 午前12:00にご来院ください。

なお上記時間帯は当院院長は不在となりますが、糖尿病以外の病気も診療いたしますので、

糖尿病以外でお身体に不安の有る方もご来院ください。

糖尿病外来について詳しくはこちら

当院には福岡市在住の岩室順子(いわむろじゅんこ)さんが作ってくださったお人形が飾られています。松尾和則さん、セツ子さんご夫妻が毎月わざわざ当院にとどけてくださっています。いつもありがとうございます!!

紫陽花が色鮮やかに咲く季節となりました。皆さまいかがお過ごしですか?6月は夏の入り口ですが、すでに熱中症で救急搬送されたニュースを耳にしまた。熱中症は真夏に起きるイメージですが、暑さに慣れていない時期(5〜6月)も気温の上昇に適応できずに熱中症になるそうです。毎日を元気に過ごすためにも熱中症対策を心掛けたいものです。

今月のお人形は『夏祭り』です。生き生きとした法被姿のこども達を見ると、楽しい記憶がよみがえり、懐かしいお囃子が聴こえてくる気がしますね。博多も今月から博多祇園山笠の準備期間に入りました。私は15年程前に追い山を見物しましたが、櫛田神社一帯の異常な熱気や歓声の中で繰り広げられる櫛田入りに、鳥肌が立つほど感動したのを今でも覚えています。博多祇園山笠はユネスコ無形文化遺産にも登録されている770年余りの伝統文化です。夏のご予定に山笠見物を加えられてはいかがでしょう!

6月の糖尿病専門外来は

4日(火)、11日(火)、18日(火)、25日(火)の午前中となります。

ご予約は不要ですので、午前9:00 午前12:00にご来院ください。

なお上記時間帯は当院院長は不在となりますが、糖尿病以外の病気も診療いたしますので、

糖尿病以外でお身体に不安の有る方もご来院ください。

糖尿病外来について詳しくはこちら

5月の糖尿病専門外来は

7日(火)、14日(火)、21日(火)、28日(火)の午前中となります。

ご予約は不要ですので、午前9:00 午前12:00にご来院ください。

なお上記時間帯は当院院長は不在となりますが、糖尿病以外の病気も診療いたしますので、

糖尿病以外でお身体に不安の有る方もご来院ください。

糖尿病外来について詳しくはこちら

当院には福岡市在住の岩室順子(いわむろじゅんこ)さんが作ってくださったお人形が飾られています。松尾和則さん、セツ子さんご夫妻が毎月わざわざ当院にとどけてくださっています。いつもありがとうございます!!

事務の穂先です。
今年の春は新年号の話題で持ちきりになり、気が付けば桜が満開を迎えていました。そして、平成最後の入学式。当院のお人形さんは、新しい学校とちょっと大きなランドセルで胸一杯の新一年生たちです。皆いい笑顔です。『令和』の時代を希望を持って過ごしてほしいですね。

 

福岡市では平成31年(2019年)3月1日から2021年3月31日まで風しん予防接種(任意)の一部助成がおこなわれています。
また国の風疹対策事業として昭和37年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた男性の風しん抗体検査や予防接種の助成も行われています(2022年3月31日まで)
どちらも対象者などの条件がありますので、以下のリンク先のページで詳細をご確認ください。
当院でも上記の助成制度のご利用が可能です。ご予約はお電話(092-741-6550)にてお願いいたします。

http://www.city.fukuoka.lg.jp/hofuku/hokenyobo/health/kansen/husinkoutaikensa_2.html

http://www.city.fukuoka.lg.jp/hofuku/hokenyobo/health/vaccine/huushindai5ki.html

4月の糖尿病専門外来は

2日(火)、9日(火)、16日(火)、23日(火)の午前中となります。

ご予約は不要ですので、午前9:00 午前12:00にご来院ください。

なお上記時間帯は当院院長は不在となりますが、糖尿病以外の病気も診療いたしますので、

糖尿病以外でお身体に不安の有る方もご来院ください。

糖尿病外来について詳しくはこちら

当院には福岡市在住の岩室順子(いわむろじゅんこ)さんが作ってくださったお人形が飾られています。松尾和則さん、セツ子さんご夫妻が毎月わざわざ当院にとどけてくださっています。いつもありがとうございます!!

看護師の重久です。
一雨ごとに暖かさが増し、今年は春の訪れが少し早いようです。花粉症の辛さに耐えつつ 桜の花が待ち遠しい今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。

今月のお人形は雛人形と子供達です。
雛人形と言えば、豪華な七段飾りや五人飾りを思い浮かべますが、このお人形のように親王飾りも素敵ですよね。
雛人形のルーツは立ち雛であることはみなさんご存知ですか?人の形の紙に穢れを託して水に流す風習から始まったという雛祭り。最近では、親王飾りの立ち雛は歴史的に格式が高く シンプルで様々な場所に飾れるということで人気急上昇だそうです。
また、この子供達もみんな着物を着て、お手玉遊びをしたり、猫たちと戯れて楽しい雛祭りを過ごしていますね。雛祭りの歌が聴こえてきそうです。
桃の節句を楽しんだ後は、啓蟄の日を目安に片付けをしますが、飾り付けも片付けも情操教育、何事にも心豊かになりますように。

3月の糖尿病専門外来は

5日(火)、12日(火)、19日(火)、26日(火)の午前中となります。

ご予約は不要ですので、午前9:00 午前12:00にご来院ください。

なお上記時間帯は当院院長は不在となりますが、糖尿病以外の病気も診療いたしますので、

糖尿病以外でお身体に不安の有る方もご来院ください。

糖尿病外来について詳しくはこちら

当院には福岡市在住の岩室順子(いわむろじゅんこ)さんが作ってくださったお人形が飾られています。松尾和則さん、セツ子さんご夫妻が毎月わざわざ当院にとどけてくださっています。いつもありがとうございます!!

看護師の墨谷です。
節分を過ぎ、暦の上では春となりました。春とは名ばかりでまだまだ厳しい寒さが続いておりますが、皆様どうお過ごしでしょうか?先日訪れた太宰府天満宮では、梅のつぼみがほころび始めており、多くの観光客の心に春の気配を感じさせてくれていました。私も寒いのは大の苦手ですので本格的な春が待ち遠しいのですが、同伴した子供たちは梅の花よりも雪が降ってほしいと申しておりました。寒くても雪遊びをしたいそうです。やはり”子供は風の子、大人は火の子”ですね。


今月のお人形は『雪遊びする子供たち』です。巨大な雪ウサギを囲んでじゃれ合う子供たちの姿に、当院を訪れる方々も足を止めて思わず笑みをこぼされます。寒空の中来院された方の心をほっと温めてくれる作品です。

村山内科・胃腸科スタッフ

村山内科・胃腸科〈病院案内〉

〒810-0001

福岡市中央区天神2-4-20

天神プラッサ2F

TEL:092-741-6550

天神駅から徒歩5分
スタッフ紹介
今月のお人形 受付横のお人形をご紹介
山村内科・胃腸科の歴史 1951年開院。天神西通りにて皆様と共に。

福岡市中央区の天神西通りにて68年

当院理事の祖父 田原淳について

ペースメーカーの父・田原淳のご紹介

当院理事の祖父 田原淳について

テルモ社のHPに紹介されています。

関連書籍

田原淳の生涯

田原淳の生涯

  • 著者:須磨幸蔵
  • 考古堂書店
田原淳の一高青春日記

田原淳の一高青春日記

  • 著者:須磨幸蔵 、倉本宗剛、村山 暁
  • 考古堂書店
ペースメーカーの父・田原淳

ペースメーカーの父・田原淳

  • 著者:須磨幸蔵
  • 梓書院
マンガ ペースメーカーの父 田原淳

マンガ ペースメーカーの父 田原淳

  • 原作:須磨幸蔵
  • 梓書院
天神西通りの歩み

福岡の天神西通りも大きく変わりました。

スマートフォンサイト