WEB問診はこちら

待ち時間短縮のため、受診の際はウェブ問診へのご協力をお願いします

福岡(天神)の内科「村山内科・胃腸科」のブログ・お知らせ

福岡市中央区天神の内科 - 村山内科・胃腸科

天神西通りにて70年、皆様の健康と共に

天神駅から徒歩5分

福岡市中央区天神2-4-20 天神プラッサ2階

村山内科・胃腸科

村山便り

当院には福岡市在住の岩室順子(いわむろじゅんこ)さんが作ってくださったお人形が飾られています。松尾和則さん、セツ子さんご夫妻が毎月わざわざ当院にとどけてくださっています。いつもありがとうございます!

今月のお人形は『夏祭り』です。6月のジメジメした時期、お人形をみて一足先に夏を感じましょう。

福岡の夏祭りといえば、博多祇園山笠、皆さんはどこで飾り山の見物をされますか?キャナルシティ博多では、前後左右に加え上方からも壮観な山笠を眺めることができるそうです。
お人形のチビッ子たちは山笠の応援隊でしょうか。

幼いころから山笠に携わっていると、上下関係、礼儀作法などさることながら、地域への愛着や絆も深まりますね。それで、福岡に転居される方の中には、博多を選ばれる方もいるそうです。

また、最近では、市役所横のふれあい広場の天神夏まつりや博多駅前広場の博多夏まつりも人気のようです。
他にも、市内ではほおずき祭りや七夕祭り、河童祭りなどいろいろなお祭りが開催されます。観るだけでなく、盆踊りやゲームなどに参加するなど楽しみ方は様々ですね。お人形のように家族みんなで浴衣を着て参加するのもいいですね。

もちろん、花火大会も楽しみの一つです。花火大会の起源は江戸時代に死者を弔い、悪霊退散をするために花火を打ち上げたことだそうですが、今では夏の夜を彩る風物詩ですよね。遠くからでも近くからでも花火は魅力的ですが、(立ち入り許可のある)筑後川の河川敷で寝転がって真下からみた迫力のある花火は忘れられない思い出です。

お祭りや花火大会などお出かけの計画を立てて、夏を楽しく過ごしましょう。

2024年6月のお人形

6月の糖尿病専門外来は

4日(火)、11日(火)、18日(火)、25日(火)の午前中となります。

ご予約は不要ですので、午前9:00 午前12:00にご来院ください。

なお上記時間帯は当院院長は不在となりますが、糖尿病以外の病気も診療いたしますので、

糖尿病以外でお身体に不安の有る方もご来院ください。

糖尿病外来について詳しくはこちら

6月の糖尿病専門外来について

当院には福岡市在住の岩室順子(いわむろじゅんこ)さんが作ってくださったお人形が飾られています。松尾和則さん、セツ子さんご夫妻が毎月わざわざ当院にとどけてくださっています。いつもありがとうございます!

今月のお人形は『田植』です。

5月は日本の田園風景に特別な彩りを加える時期ですね。
今月のお人形たちも、懐かしい長閑な日本の暮らしを表現していて、来院される患者様たちも目を細くして鑑賞されています。
昔は田植えは手作業でした。『早乙女』と呼ばれる女性たちが苗籠を腰につけて作業をしていたそうです。昭和40年代から田植機が普及し始めると、手作業での田植えは減少し、早乙女たちの姿も少なくなりました。田植えの風景は大きく変わっているので、当時を知る方ににとっては、今月のお人形は郷愁を感じる作品なのでしょう。

田植えの苗の間を可愛らしく泳いでいる合鴨たち。合鴨は雑草や害虫を食べ、自然な形で農地を守ってくれるそうです。この農法は、化学肥料や農薬に頼らない持続可能な農業の一形態として注目されているそうですよ。ついばむ姿が可愛いですね。

この時期に日本の田舎を訪れると、今でも新緑の中で泳ぐ鯉のぼりと、青々とした苗が広がる水田の姿が、春の訪れとともに新しい命の息吹を感じさせてくれるでしょう。気持ちのよい今の季節に、都会の喧騒を離れて、自然の中でリフレッシュしたいものですね。

2024年5月のお人形

5月の糖尿病専門外来は

7日(火)、14日(火)、21日(火)、28日(火)の午前中となります。

ご予約は不要ですので、午前9:00 午前12:00にご来院ください。

なお上記時間帯は当院院長は不在となりますが、糖尿病以外の病気も診療いたしますので、

糖尿病以外でお身体に不安の有る方もご来院ください。

糖尿病外来について詳しくはこちら

5月の糖尿病専門外来について

当院には福岡市在住の岩室順子(いわむろじゅんこ)さんが作ってくださったお人形が飾られています。松尾和則さん、セツ子さんご夫妻が毎月わざわざ当院にとどけてくださっています。いつもありがとうございます!

今回のテーマは『妖精』です。
日本ではあまり馴染みがないかもしれませんね。
ですが、子供の頃に読んだ物語の中にときどき出てきたのを覚えています。
人間と神様の中間のような存在だといわれているんですよ。

私が妖精と聞いて思い出すのは、『ピーターパン』に出てくるティンカーベルです。
ディズニー映画に出てくる姿を思い出す方も多いのではないでしょうか。
今回のお人形のような羽を動かし、ピーターパンと一緒に行動する、小さな存在。

大きさも、ちょうどこの子供たちくらいなのかもしれません。

ときには読書でファンタジーの世界に遊びに行くのも、いい気分転換になりそうです。
心穏やかに、素敵な春をお過ごしくださいね。

2024年4月のお人形

4月の糖尿病専門外来は

2日(火)、9日(火)、16日(火)、23日(火)、30日(火)の午前中となります。

ご予約は不要ですので、午前9:00 午前12:00にご来院ください。

なお上記時間帯は当院院長は不在となりますが、糖尿病以外の病気も診療いたしますので、

糖尿病以外でお身体に不安の有る方もご来院ください。

糖尿病外来について詳しくはこちら

4月の糖尿病専門外来について

当院には福岡市在住の岩室順子(いわむろじゅんこ)さんが作ってくださったお人形が飾られています。松尾和則さん、セツ子さんご夫妻が毎月わざわざ当院にとどけてくださっています。いつもありがとうございます!

今月のお人形は『THE HINAMATSURI』です。

事務の穂先です。
今回は吉井や柳川のひな祭りのイメージでいろいろ飾ってみました。

ひな祭りと云えば女の子のお祝いとして定着していますが、起源をたどると無病息災を祈る季節行事や、男女の性別を問わない人形遊びにいきつくそうです。徳川家康のひな人形というものもあるそうで若い頃の家康もひな人形で遊んでいたという事です。

もとはジェンダーフリーな行事だったと言えるでしょう。

今回のお人形さん達もジェンダーフリーとして、五人囃子と三人官女では無く同数となっています。今風ですね。

男女ペアが当たり前だったひな人形にも変化があり。今では同性ひななども販売されているそうです。

端午の節句が男児、ひな祭りが女児ではなく、伝統行事として楽しみながら季節の変化を楽しみたいものです。
まずは、梅、桃、桜とカメラを持って出かけてみましょう。

2024年3月のお人形

3月の糖尿病専門外来は

5日(火)、12日(火)、19日(火)、26日(火)の午前中となります。

ご予約は不要ですので、午前9:00 午前12:00にご来院ください。

なお上記時間帯は当院院長は不在となりますが、糖尿病以外の病気も診療いたしますので、

糖尿病以外でお身体に不安の有る方もご来院ください。

糖尿病外来について詳しくはこちら

3月の糖尿病専門外来について

当院には福岡市在住の岩室順子(いわむろじゅんこ)さんが作ってくださったお人形が飾られています。松尾和則さん、セツ子さんご夫妻が毎月わざわざ当院にとどけてくださっています。いつもありがとうございます!

今月のお人形は日本昔話の「天狗の羽うちわ」です。

ずる賢い男と間抜けな天狗がサイコロとうちわと交換するところから始まり、男がこっそり村の長者の娘の鼻を高くして「鼻直し」を装い、お礼に長者の娘婿になります。嫁に暑いから扇げと言って寝てしまい、天の川に架かる橋まで鼻が伸び、そこでは橋の工事中で柱と思われ鼻に釘を打たれてしまいます。
痛みで飛び起き、うちわを裏返して扇がせると、釘で固定されているので、鼻が縮んで空に消えていくというお話です。

お嫁さんのお着物可愛いですね。

男の人も昼飲みでしょうか、贅沢感が伝わってきます。

きっとお嫁さんは男の本性を見抜いて、うちわを扇いでいたかもしれませんね。

悪い行いをすれば悪い報いがあるということです。
意地悪をしたり、騙したり、人を利用して自分だけがいい思いをせずに、日頃から小さな親切を心がけて、自分も周りもハッピーで過ごしたいですね。

2024年2月のお人形

2月の糖尿病専門外来は

6日(火)、13日(火)、20日(火)、27日(火)の午前中となります。

ご予約は不要ですので、午前9:00 午前12:00にご来院ください。

なお上記時間帯は当院院長は不在となりますが、糖尿病以外の病気も診療いたしますので、

糖尿病以外でお身体に不安の有る方もご来院ください。

糖尿病外来について詳しくはこちら

2月の糖尿病専門外来について

当院には福岡市在住の岩室順子(いわむろじゅんこ)さんが作ってくださったお人形が飾られています。松尾和則さん、セツ子さんご夫妻が毎月わざわざ当院にとどけてくださっています。いつもありがとうございます!

2024年、令和6年、新しい年が始まりました。

今年は元日からいろんな事がありすぎてお祝い気分にはなれなかったのではないでしょうか。
村山内科のお人形のコーナーでは幸せそうに猫を抱いて微笑む家族、初詣に行くのか楽しそうに話をしているカップル。


そして真ん中にはタツノオトシゴです。

愛嬌のある顔でとても可愛いですね。
こんな日常の当たり前の日々が、本当に幸せなことなんだとつくづく感じます。

2024年1月のお人形

1月の糖尿病専門外来は

9日(火)、16日(火)、23日(火)、30日(火)の午前中となります。

ご予約は不要ですので、午前9:00 午前12:00にご来院ください。

なお上記時間帯は当院院長は不在となりますが、糖尿病以外の病気も診療いたしますので、

糖尿病以外でお身体に不安の有る方もご来院ください。

糖尿病外来について詳しくはこちら

1月の糖尿病専門外来について

当院には福岡市在住の岩室順子(いわむろじゅんこ)さんが作ってくださったお人形が飾られています。松尾和則さん、セツ子さんご夫妻が毎月わざわざ当院にとどけてくださっています。いつもありがとうございます!

こんにちは。12月と言えばクリスマスですね。今月のお人形はクリスマスパーティーを楽しんでいる家族のお人形です。


この人形は、赤や緑の華やかな衣装を身にまとい、笑顔で仲良く手をつないでいます。クリスマスツリーやプレゼントも一緒に飾られていて、とても幸せで楽しそうな雰囲気が伝わってきますね。




クリスマスは、家族や友人と一緒に過ごす特別な日ですから、この人形たちはその気持ちを表現してくれる素敵な作品だと思います。

さて、クリスマスの雰囲気を味わうなら、福岡市内で開催されているクリスマスイベントに行ってみませんか?おすすめは、博多駅前広場や市役所ふれあい広場などで開催されているクリスマスマーケットです。ここでは、欧州の伝統的なクリスマスグッズや食べ物が販売されています。個人的におすすめなのは、2023年オリジナルのマグカップで、ホットワインやホットチョコレートなどが楽しめる商品です。


寒い夜に温かい飲み物を楽しみながら、ロマンチックなイルミネーションを眺めるのはいかがでしょうか?

今日は季節の人形を通して、クリスマスの楽しみ方をご紹介しました。皆さんも、素敵なクリスマスをお過ごしください。

2023年12月のお人形

12月の糖尿病専門外来は

5日(火)、12日(火)、19日(火)、26日(火)の午前中となります。

ご予約は不要ですので、午前9:00 午前12:00にご来院ください。

なお上記時間帯は当院院長は不在となりますが、糖尿病以外の病気も診療いたしますので、

糖尿病以外でお身体に不安の有る方もご来院ください。

糖尿病外来について詳しくはこちら

12月の糖尿病専門外来について

当院には福岡市在住の岩室順子(いわむろじゅんこ)さんが作ってくださったお人形が飾られています。松尾和則さん、セツ子さんご夫妻が毎月わざわざ当院にとどけてくださっています。いつもありがとうございます!

今回のテーマは女子旅。秋は気候もいいですし(とはいえ今年はなんだかまだ暑いですが…)、あちこち出かけるにはいい季節ですね。

実は私も先月、東京へ行ってきました。里帰りと観劇が目的の1人旅。両親や家族はもちろんのこと、何十年ぶりかに従妹と顔を合わせ、楽しい時間を過ごすことができ、とても嬉しかったです。

遠くまで行かずとも、普段、足を運ばないようなところへ身を置くだけでも、いいリフレッシュタイムになりますよ。
1人でもいいし、仲の良い友達とでもいいし、ときには旅行、いかがですか?

もちろん、感染症への対策はしっかりしておきましょう。
お店に入るときには消毒を。外から戻ったら手洗いはうがいは欠かさずに!

年末年始に入る前のひととき、皆さんもゆったりした時間をお楽しみくださいね。

2023年11月のお人形

11月の糖尿病専門外来は

7日(火)、14日(火)、21日(火)、28日(火)の午前中となります。

ご予約は不要ですので、午前9:00 午前12:00にご来院ください。

なお上記時間帯は当院院長は不在となりますが、糖尿病以外の病気も診療いたしますので、

糖尿病以外でお身体に不安の有る方もご来院ください。

糖尿病外来について詳しくはこちら

11月の糖尿病専門外来について

当院には福岡市在住の岩室順子(いわむろじゅんこ)さんが作ってくださったお人形が飾られています。松尾和則さん、セツ子さんご夫妻が毎月わざわざ当院にとどけてくださっています。いつもありがとうございます!

今月のお人形のテーマは秋の子供たち。
竹とんぼやボール遊びで楽しそうに遊んでますね。暑い夏も終わり外で遊ぶのが気持ちよい季節となりました。



大人たちは急に温度が下がると体調を崩す方もいます。風邪などひかれませんようご自愛ください。

10月と子供たちでイメージしてハロウィン仕様にしてみました。1年過ぎるのがあっという間です。そろそろ大掃除を始めましょう。

2023年10月のお人形

10月の糖尿病専門外来は

3日(火)、10日(火)、17日(火)、24日(火)、31日(火)の午前中となります。

ご予約は不要ですので、午前9:00 午前12:00にご来院ください。

なお上記時間帯は当院院長は不在となりますが、糖尿病以外の病気も診療いたしますので、

糖尿病以外でお身体に不安の有る方もご来院ください。

糖尿病外来について詳しくはこちら

10月の糖尿病専門外来について

当院には福岡市在住の岩室順子(いわむろじゅんこ)さんが作ってくださったお人形が飾られています。松尾和則さん、セツ子さんご夫妻が毎月わざわざ当院にとどけてくださっています。いつもありがとうございます!

今月のお人形は日本昔話の「舌切り雀」と「わらしべ長者」です。


みなさん、どんなストーリだったか覚えてますか?
「舌切り雀」は、心優しいお爺さんと欲張りのお婆さんと舌を切られた雀のお話です。


楽しい時間を過ごした後の、優しい表情のお爺さんと可愛らしい雀たちです。
心優しく約束を守る者は良い目を、欲張りで意地が悪く約束を守らない者は痛い目をみる、因果応報のお話ですね。
「わらしべ長者」は、最初に持っていたわらしべから、物々交換をしながら最後にはお金持ちになるお話です。


アブを結び付けたわらしべ、蜜柑、反物へ物々交換していますね。感謝の気持ちや素直さなどを持った主人公が、人を騙すことなく観察力や交渉力を使って成功を収めていきます。お人形の顔からも人柄が伝わってきますね。

昔話を読み解くと、色々な教訓を得ることができます。
子どもたちにも自然に良心や道徳心も身につくと言われています。だからでしょうか、私の小さい頃はテレビの視聴時間が制限されていたのですが、「まんが日本昔ばなし」は許される番組の一つでした。
多くのシーンを思い出し、懐かしさも蘇って、お人形を楽しませていただきました。

2023年9月のお人形

9月の糖尿病専門外来は

5日(火)、12日(火)、19日(火)、26日(火)の午前中となります。

ご予約は不要ですので、午前9:00 午前12:00にご来院ください。

なお上記時間帯は当院院長は不在となりますが、糖尿病以外の病気も診療いたしますので、

糖尿病以外でお身体に不安の有る方もご来院ください。

糖尿病外来について詳しくはこちら

9月の糖尿病専門外来について
村山内科・胃腸科スタッフ

村山内科・胃腸科〈病院案内〉

〒810-0001

福岡市中央区天神2-4-20

天神プラッサ2F

TEL:092-741-6550

天神駅から徒歩5分
スタッフ紹介
今月のお人形 受付横のお人形をご紹介
山村内科・胃腸科の歴史 1951年開院。天神西通りにて皆様と共に。

福岡市中央区の天神西通りにて70年

当院理事の祖父 田原淳について

ペースメーカーの父・田原淳のご紹介

当院理事の祖父 田原淳について

テルモ社のHPに紹介されています。

関連書籍

田原淳の生涯

田原淳の生涯

  • 著者:須磨幸蔵
  • 考古堂書店
田原淳の一高青春日記

田原淳の一高青春日記

  • 著者:須磨幸蔵 、倉本宗剛、村山 暁
  • 考古堂書店
ペースメーカーの父・田原淳

ペースメーカーの父・田原淳

  • 著者:須磨幸蔵
  • 梓書院
マンガ ペースメーカーの父 田原淳

マンガ ペースメーカーの父 田原淳

  • 原作:須磨幸蔵
  • 梓書院
天神西通りの歩み

福岡の天神西通りも大きく変わりました。

スマートフォンサイト