福岡(天神)の内科「村山内科・胃腸科」のブログ・お知らせ

福岡市中央区天神の内科 - 村山内科・胃腸科

天神西通りにて68年、皆様の健康と共に

天神駅から徒歩5分

福岡市中央区天神2-4-20 天神プラッサ2階

村山内科・胃腸科

村山便り

熱中症にご注意ください。

熱中症は「日射病」と呼ぶ事がおおかったせいか、外で日光を直接浴びている人だけがなる病気と考えている人もいますが、暑い室内で熱中症になる場合もあります。

熱中症とは体温調節の仕組みがうまく働かなくなり、「脱水」と「高体温」が起きた状態をいいます。

真夏の屋外やボイラーなど熱を発するものの近くで作業、運動する場合はもちろん、湿度が高い日、急に暑くなった日、熱帯夜などが続く場合にも要注意です。節電も大事ですが、気温、湿度の高い日は暑くない程度にクーラーを使いましょう。また糖尿病、心臓病、甲状腺の病気などを持っている人、高齢者、体の調子が悪い、二日酔い、夏バテなどの人たちも体温調節がうまく働きにくいため脱水がおきやすく熱中症になりやすいと言えます。

熱中症の初期症状としてはめまい、こむら返りなどがあり、このような症状がある場合にはすぐに涼しいところで水分・塩分補給をしてください。

誰かがそばで見守りながら症状がよくならない、悪くなる場合には病院へ搬送する必要があります。より重症になってくると、頭痛、嘔吐、倦怠感、意識障害、けいれんなどの症状が出てくることがあり、命の危険も伴います。

予防は積極的な水分、塩分の補給です。大量の汗で水分も塩分も失った場合はのどの渇きを感じにくくなることがありますので、のどの渇きで水分をとるのではなく、時間を決めてまめに水分、塩分を補給するよう心がけましょう。

症状と重症度によりI度〜III度に分けられています。

I度:めまい(立ちくらみ)、こむら返り

II度:頭痛、吐き気、倦怠感、体に力が入らない

III度:意識障害(呼びかけや刺激への反応がおかしいなど)、けいれん、真直ぐに歩けない、高体温

I度の症状がある場合にはすぐに涼しいところで水分・塩分補給をしましょう。
誰かがそばで見守りながら症状がよくならない、悪くなる場合には病院へ搬送する必要があります。

熱中症は日常生活、運動、労働のなかで発生しており、地球温暖化やヒートアイランド現象などの高温化や人口の高齢化から今後ますます重要になってくると考えられます。

村山内科・胃腸科スタッフ

村山内科・胃腸科〈病院案内〉

〒810-0001

福岡市中央区天神2-4-20

天神プラッサ2F

TEL:092-741-6550

天神駅から徒歩5分
スタッフ紹介
今月のお人形 受付横のお人形をご紹介
山村内科・胃腸科の歴史 1951年開院。天神西通りにて皆様と共に。

福岡市中央区の天神西通りにて68年

当院理事の祖父 田原淳について

ペースメーカーの父・田原淳のご紹介

当院理事の祖父 田原淳について

テルモ社のHPに紹介されています。

関連書籍

田原淳の生涯

田原淳の生涯

  • 著者:須磨幸蔵
  • 考古堂書店
田原淳の一高青春日記

田原淳の一高青春日記

  • 著者:須磨幸蔵 、倉本宗剛、村山 暁
  • 考古堂書店
ペースメーカーの父・田原淳

ペースメーカーの父・田原淳

  • 著者:須磨幸蔵
  • 梓書院
マンガ ペースメーカーの父 田原淳

マンガ ペースメーカーの父 田原淳

  • 原作:須磨幸蔵
  • 梓書院
天神西通りの歩み

福岡の天神西通りも大きく変わりました。

スマートフォンサイト