福岡市中央区天神の内科「村山内科・胃腸科」のブログ・お知らせ

福岡市中央区天神の内科 - 村山内科・胃腸科

天神西通りにて67年、皆様の健康と共に

天神駅から徒歩5分

福岡市中央区天神2-4-20 天神プラッサ2階

村山便り

秋は美味しいものがたくさん。食欲も旺盛になりがちですが、
胃もたれ、胸焼けに悩んでいる人はいませんか?

現代の日本では逆流性食道炎という病気が増加しています。
若い人にも多い病気で、最近テレビなどでもよく話題になっています。

逆流性食道炎とは本来胃の中で分泌される胃酸が食道に逆流することで起きる病気です。
胃の中は胃酸により胃が自己消化されないように粘液が多く出るようになっていますが、食道にはそのような仕組みがないため、胃酸が頻繁に食道に上がってくると食道の粘膜がただれて痛みや胸焼けなどの症状が出てくるのです。

痛み以外にも、胃もたれ、ゲップが多い、お腹が張る、食べたものが胸でつかえるなどの症状として出てくることもあります。

逆流性食道炎を予防するためには

1.お腹いっぱいになるまで食べ過ぎない
食べたものは胃の中で胃酸と混じり合いますが、お腹いっぱい食べるとそれが逆流しやすくなります。

2.食後横にならない
食後すぐに横になると胃酸と胃酸が混じった食べたのなどが逆流しやすくなります。夜遅い時間にご飯を食べてすぐベッドに入るのも同じ理由であまりよくありません。

3.お腹を締めるような服装は避ける。肥満のある人は体重を落とす。
きつい服装をすると胃が外から圧迫され胃内のものが逆流しやすくなります。また肥満の人は内蔵脂肪が胃を圧迫するのが逆流の原因となります。

4.アルコール、脂っこいもの、甘いものを避ける。
胃の中のものが十二指腸や小腸に送られるのが遅くなり、食べたものがいつまでも胃の中に残るため逆流の原因になります。

上記のような工夫でも症状が改善しない場合は胃酸を抑える薬などで治療を行います。

注意しなければいけないのは胃もたれ、胸焼けなどの原因は必ずしも逆流性食道炎に限らないということです。胃や十二指腸潰瘍、食道がん、胃がんなどで同様の症状が出ることもありますので、症状のある方はぜひ一度医師に相談しましょう。


当院には福岡市在住の岩室順子(いわむろじゅんこ)さんが作ってくださったお人形が飾られています。
お人形たちも秋の装いです。お茶会の二人と家族でのお出かけでしょうか。
患者さんをはじめ、皆さん岩室さんのお人形をみながら温かい笑顔をお見せになられます。
是非お人形を見に来院されてください。
岩室さん、いつも素晴らしいお人形をありがとうございます!DSC01537 DSC01541 DSC01544


9月の糖尿病専門外来は

3日(火)、10日(火)、17日(火)、24日(火)の午前中となります。

ご予約は不要ですので、午前9:00〜午前11:30にご来院ください。

なお上記時間帯は当院院長は不在となりますが、糖尿病以外の病気も診療いたしますので、

糖尿病以外でお身体に不安の有る方もご来院ください。

糖尿病外来について詳しくはこちら


病院案内

村山内科・胃腸科スタッフ

村山内科・胃腸科〈病院案内〉

〒810-0001

福岡市中央区天神2-4-20

天神プラッサ2F

TEL:092-741-6550

天神駅から徒歩5分
スタッフ紹介 今月のお人形 受付横のお人形をご紹介
山村内科・胃腸科の歴史 1951年開院。天神西通りにて皆様と共に。

福岡市中央区の天神西通りにて67年

当院理事の祖父 田原淳について

ペースメーカーの父・田原淳のご紹介

当院理事の祖父 田原淳について

テルモ社のHPに紹介されています。

関連書籍

田原淳の生涯

田原淳の生涯

  • 著者:須磨幸蔵
  • 考古堂書店
田原淳の一高青春日記

田原淳の一高青春日記

  • 著者:須磨幸蔵 、倉本宗剛、村山 暁
  • 考古堂書店
ペースメーカーの父・田原淳

ペースメーカーの父・田原淳

  • 著者:須磨幸蔵
  • 梓書院
マンガ ペースメーカーの父 田原淳

マンガ ペースメーカーの父 田原淳

  • 原作:須磨幸蔵
  • 梓書院
天神西通りの歩み

福岡の天神西通りも大きく変わりました。

スマートフォンサイト