福岡(天神)の内科「村山内科・胃腸科」のブログ・お知らせ

福岡市中央区天神の内科 - 村山内科・胃腸科

天神西通りにて67年、皆様の健康と共に

天神駅から徒歩5分

福岡市中央区天神2-4-20 天神プラッサ2階

村山内科・胃腸科

村山便り

当院には福岡市在住の岩室順子(いわむろじゅんこ)さんが作ってくださったお人形が飾られています。松尾和則さん、セツ子さんご夫妻が毎月わざわざ当院にとどけてくださっています。いつもありがとうございます!!

看護師の墨谷です。

今年も早いものでもう六月ですね。じめじめと蒸し暑い梅雨めいた季節になってきました。
今月のお人形は”牛と子供たち”が飾ってあります。芒種の時期に因んででしょうか、牛と子供達が代掻きの合間に休憩してる場面の様ですね。牛さんに戯れる子供達が可愛らしいです。


昭和30年代まで、日本の第一産業では牛馬が労働力として活躍していたそうですが、現在ではその働く姿を見る機会はなくなりました。当時、大変な重労働を担っていた牛や馬は、農家の人たちに家族の様に大切にされていたそうです。お人形の牛と子供達の和やかな雰囲気からもそれが見て取れますね。

今まで福岡市では市内にお住いの40歳以上の方は胃カメラによる胃がん検診を受けることができましたが、平成30年7月1日からは年度内に50歳以上の偶数年齢になる方のみが対象となるよう変更されます。
つきましては福岡市にお住まいの40歳以上50歳未満の方で胃カメラでの胃がん検診をご希望の方はお早めにお申込みください。

当院には福岡市在住の岩室順子(いわむろじゅんこ)さんが作ってくださったお人形が飾られています。松尾和則さん、セツ子さんご夫妻が毎月わざわざ当院にとどけてくださっています。いつもありがとうございます!!

いよいよゴールデンウィークですね。有給などを使って9連休なんて方も多いのではないでしょうか。
ゴールデンウィークの後半には福博の街角ではどんたくが始まります。町のあちこちから「ぼんち可愛やねんねしな~」とお囃子が流れてくるようになりますが、あの節回しが頭から離れなくなるのは私だけでしょうか?後半のメロディが面白いのですが、歌詞がわからないのでハミングになる。みなさんそうじゃないですか?

ところで5月5日はこどもの日ですね。今回のお人形は可愛い子どもたちです。最近では子どもたちがこんなにズラッと並ぶ姿を見かけることが少なくなりました。
幼稚園生から小学校高学年の子どもたちでしょうか。それぞれの子供達が生き生きとお人形として描かれてます。中学生になってもスマホ片手にうつむいてるばかりにはならないで欲しいですね。

5月の糖尿病専門外来は

1日(火)、8日(火)、15日(火)、22日(火)、29日(火)の午前中となります。

ご予約は不要ですので、午前9:00 午前12:00にご来院ください。

なお上記時間帯は当院院長は不在となりますが、糖尿病以外の病気も診療いたしますので、

糖尿病以外でお身体に不安の有る方もご来院ください。

糖尿病外来について詳しくはこちら

村山内科・胃腸科スタッフ

村山内科・胃腸科〈病院案内〉

〒810-0001

福岡市中央区天神2-4-20

天神プラッサ2F

TEL:092-741-6550

天神駅から徒歩5分
スタッフ紹介
今月のお人形 受付横のお人形をご紹介
山村内科・胃腸科の歴史 1951年開院。天神西通りにて皆様と共に。

福岡市中央区の天神西通りにて67年

当院理事の祖父 田原淳について

ペースメーカーの父・田原淳のご紹介

当院理事の祖父 田原淳について

テルモ社のHPに紹介されています。

関連書籍

田原淳の生涯

田原淳の生涯

  • 著者:須磨幸蔵
  • 考古堂書店
田原淳の一高青春日記

田原淳の一高青春日記

  • 著者:須磨幸蔵 、倉本宗剛、村山 暁
  • 考古堂書店
ペースメーカーの父・田原淳

ペースメーカーの父・田原淳

  • 著者:須磨幸蔵
  • 梓書院
マンガ ペースメーカーの父 田原淳

マンガ ペースメーカーの父 田原淳

  • 原作:須磨幸蔵
  • 梓書院
天神西通りの歩み

福岡の天神西通りも大きく変わりました。

スマートフォンサイト